女性のみで発足した沖縄のチャプター「BNI AMAMIKUオンライン(沖縄)」

2021/11/25

BNIは沖縄には必要なマーケティングシステム

日本初とも言えるチャプターが9月9日、沖縄県に誕生した。発足時点でメンバー全員が女性というオンラインチャプター「BNI AMAMIKU(アマミク)」だ。(※男性も参加可能)
ディレクターの及川始乃(もとの)さんは、沖縄リージョンが立ち上がったときから関わり、現在も「BNI THANKS」に所属している。

 

税理士としてこれまで女性起業家の財務のサポートはしていたが、マーケティングや人脈構築まではサポートできていないことにもどかしさを感じていた。そのときエグゼクティブディレクターの座間味さんからBNIの立ち上げの話を聞いた。

「今活動していることを広く届けられる、何よりも同じ方向を向く仲間ができると感じました」。

 

沖縄と言えどやはり本州から見れば離島。県外とつながることはメリットも大きく、沖縄には間違いなくBNIは必要なシステムだと直感していた。座間味さんからは『あと1年後、信じてやり続けていたら100人の同じ志をもった仲間ができるよ』と言われたという。

「実際にその当時多くのメンバーが集うイベントで壇上に上がったとき、座間味さんの言葉が光景として広がっていたんです」。

 

沖縄の多くの女性経営者・起業家にBNIを活用してビジネスで豊かになってほしいとの思いで、新チャプター立ち上げのために動き始めた。だが、朝7時から9時という時間は女性にとって一番忙しい時間帯で、特に子育て中ならばさらに余裕もない。世のBNIが男性中心であるのはそこにも理由があるのかもしれない。

 

及川さんが目指したのは“女性が入りやすいチャプター”であるから、スタートが10時からになるのは必然だった。

「BNIのシステムがいいと思っている女性は多いと思います。そうした方々の窓口になりたいと考えました」。

普段から付き合いのある方、周りに人が集まる方などに声を掛け、スタートから4ヵ月で「BNI AMAMIKUオンライン(沖縄)」は立ち上がる。

 

何故立ち上げることができたのか

これまでも女性限定のチャプターを立ち上げる動きは数多くあった。しかし、なかなか立ち上がることはなかった。何故「BNI AMAMIKU」は立ち上げることができたのか。理由の一つに、県民性が挙げられるだろう。

 

沖縄県には“ゆいまーる”という精神がある。ゆい(結)まーる(順番)という意味だが、仲間に労働を無償で与えることで自分が労働を求めているときは無償で与えられるという助け合いの心を指しているのだ。つまり「Givers Gain®」が既に県民の素地としてあることが大きい。

 

「女性は常に何かをしてあげたいという思いがあります。だからチャプター運営も積極的に関わってくれる方が多いですね。自分を持て余す人がいないというか、役がなくても全員がバランスよく運営を手伝っています。それをビジネスに置き換えるとBNI活動になっている、という感じでしょうか」。

 

積極的に関わり合うから、言わなくても理解し合う。そうなるとビジネスの話も早くなる。さらに沖縄は女性の方が元気で、独立起業しやすい土壌があるという。

 

「ミーティングも議題をフォーカスして手短かに終わっています。あとはチャットでやり取りをしていますね。むしろチャットの方が活発ですよ。でも、フォーカスしているのに話がそれることもあります(笑)。あれもこれもと考えてしまうからでしょう。今は毎回軌道修正しなければいけない時期ですが、いつかは整理されていくと思います」。

 

女性だけということで、地域の経済団体やメディアからも注目を浴び、応援の声も多いそうだ。

「それが励みになってもっと頑張ろうと思わせてくれました。今後はBNIの人脈やトレーニングを通じてスキルを磨き、沖縄全体が豊かになっていけるような、沖縄に住んでいる人が知らない沖縄の“財産”を表面化できるようなチャプターにしていきたいと思います」。