フォロワーが少なくても成功できるSNSの8つの戦略

2021/11/16

今回はラーニングエッジ株式会社代表取締役 清水康一朗氏をお迎えし、BNIジャパンの大野真徳ナショナルディレクターとオンライン対談を行いました。

 

大:今回は「フォロワーが少なくてもSNSで成功するやり方」ということですが、多くの方にとって興味深いテーマだと思います。まずはこのタイトルの説明をお願いします。

 

清:現代社会では、今までのようなマーケティングのやり方や営業活動では上手くいかないのを感じているのではないでしょうか。これからの時代、ソーシャルネットワークによるデータ通信、情報発信によってビジネスの価値が変わっていき、SNSなしでは語れなくなってきます。といっても、これまでSNSをやったことのない人や上手くいっていない人には生きづらい時代というか。仕組みを持てる人には活用できるけど、どこから手を付けていいかわからない話もあるでしょう。そのあたりのことをお話しできればと思っています。

 

大:SNSは色々ありますが、清水さんがご覧になってどのSNSがいいのでしょうか。

 

清:SNSはさまざまなプラットフォームがあります。Facebookはビジネスで使う方には第一でしょう。それにInstagramも伸びてきてFacebookとのシステム連携ができていて、ビジネスユースに使う人も増えています。また外せないのがTwitter、LINE、Clubhouse、YouTubeでしょうか。

 

 

大:フォロワーが少ない、または今から始めたいと思っている人もいますよね。

 

清:そもそもですが、マーケティングでは何をしなければいけないのか、SNSはどうやってできているのか。何のためにやっているのかが分かると、フォロワーがいなくても成功できないものではない、ということが分かっていただけると思います。

SNSとは本質的に広告です。業者の立場に立つと広告なので、SNS業者にとっては長い時間見てもらえる、多くの人に見てもらっている投稿者に対して価値を感じています。これまで制作会社が高いお金をかけて番組制作をしてたのが、今ではただでユーザーが人を集めてくれいているわけです。つまり皆さんがアップしているコンテンツが、テレビなどの番組コンテンツになっている、ということなのです。となれば、視聴者が多いコンテンツは広告効果が高いわけで、そういう人がSNS業者にとってはありがたいのです。

そこがわかると、

1)フォロワーよりもバズるコンテンツを持っている人と一緒にやれているか

が重要なことなんです。ですから、まず第一に、フォロワーを持っている人、バズるコンテンツを持っている人と一緒にいるということが大事なのです。内容よりも影響力のある人がタグ付けされていることで、その先にいる人に向けてつながる情報発信できるかを意識することが大事なのです。タグ付けされている人と一緒にいることで、

 

2)シェアしたくなる価値ある投稿ができているか

もポイントです。その際に発信したい情報を見たい人に届けられているかも考えると、

 

3)属性があっているかどうかも大事

です。もし合っていなかったら自分の方向性と違うところに向かってしまいます。私たちはちょうどメディアの転換点にいるのです。

 

大:つまり、コンテンツを持っていなくても属性の合っているフォロワーとタイアップすればいい、という理解でいいですか?

 

清:そうですね。自分が持っていなくても持っている人にくっついてしまえば成り立ちます。これはお金で解決する方法と、人間関係で解決できる方法がありますが、今は関係構築しやすい時代ですので、比較的難しくなくなっているかもしれませんね。

 

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら