ビジター招待のコツは「信頼関係構築」とチャプターに対する“誇り”

2022/05/31

北澤 嘉章さん

BNI名古屋南
カテゴリー:弁護士(相続)

 

令和2年に弁護士法人北澤総合法律事務所を設立、代表弁護士。愛知県弁護士会所属。相続業務を中心に、「町弁」として弁護活動に励んでいる。BNIチャプターでは、イベントコーディネーター、メンバーシップ委員を経て、現書記兼会計を務める。

2022年4〜6月の3カ月間、BNIジャパンでは『マスターコネクターキャンペーン』を実施している。このキャンペーンはBNIジャパン全体で「より多くのビジターをBNIに招待し、BNIを知ってもらうこと」にフォーカスする期間であり、昨年度は15,395名を超えるビジターをお招きした。

キャンペーン初月である4月の単月で1位に輝いたのは、BNI名古屋南の「誉」に在籍している北澤嘉章さんである。今期、書記兼会計も務めている。北澤さんがひと月で招待した人数はなんと15名、それも同日に全員を呼んだのだ。今回は「ひとりBOD(※)をしよう!」と決意し、成果を叩き出したのだが、その背景にはチャプターへの感謝と愛、そして誇りがあった。

※BOD:ビジネス・オープン・デイの略。多くのビジターを招待してBNIを知ってもらうことにフォーカスしたミーティングのこと。

BNIに加入後、価値観が大きく変わる

北澤さんがBNIに加入したのは、弁護士として3年ほど経てからのことだった。実務経験をしっかり積んだタイミングで、次のフェーズとして人脈拡大を図る目的だったが、手にしたのはそれだけではなかった。

「BNIの経験はすべて勉強になっていまして、加入後にいろいろな価値観が変わったなと思います。異業種だからこそ別業界の知識も得られますし、弁護士業界と別業界の常識の差や、成功している人の考え方や行動を目の前で見られることも学びです。また、折に触れ、先輩方に人として、経営者として大切なことなどを教えていただけます。本当にBNIに参加してよかったと思っています」

書記兼会計の今期は特に、メインプレゼンターのティーアップに力を注ぎたいと、入念な準備を毎週行っている。そして、よりリーダーシップを発揮し、チャプターに貢献しようと、ビジター招待にも力を注いでいるのだ。

常日頃からの信頼関係がモノを言う

北澤さんにビジター招待のコツを聞いてみた。

「仲の良い人たちに声をかけました。私は協業関係の人でも、友達のような関係性をつくることを常に意識していまして、信頼関係がある人は快く参加してくれました。改めて思いましたが、日頃から信頼関係を構築してその人数を増やすことは大事ですね。参加してくれたすべての人が『北澤さんが言うんだったら』というスタンスで、中には別の予定を調整してくれた人もいました。

また、人脈の広い人に『友達も誘ってください』と声をかけると本当に誘ってくださるので、それもコツだと思います。もちろん、信頼関係がある前提ですが」

しかし、仲の良い人、友達だから声をかけにくい、ということもあるかもしれない。そのあたりを尋ねてみた。

「私の価値観ですが、利益があるから人とつき合う、という考えで人とつき合うのは嫌なんですね。それだったらつき合いたくないとすら思ってしまう。協業先であってもビジネスありきのつき合いではなく、お互い気が合うから、好きだからつき合う。つき合う時間の中で人柄、プロフェショナル性も理解できますので、お互い仕事が振れる関係性になっていきます。密な関係性を構築しているから、ストレートに『来て』と声をかけられます。

それと、『誉』は、仕事の専門性、人柄ともに信頼できる人が揃っていて、自信を持って紹介できますので、『誉』にビジター参加すると、質の高い人たちとつながることができます、と言えます。自分のチャプターを誇りに思っているからこそ、自信を持てる。これは大きいですね」

Givers Gain ®️のコアバリューが浸透しているメンバーとつながる価値

北澤さんが招待したビジターの中で、当日にメンバーと商談が成立したケースがあったという。

「車を売りたいビジターが、中古車販売メンバーのウィークリープレゼンを聞いてつながりたいとなりました。メンバーが迅速丁寧な対応をしてくれたので、その日に契約が成立。ビジターにもメンバーにも感謝されて、嬉しかったです。

こうしたことが起きるのがビジター参加の価値でもありますし、プロフェッショナルでGivers Gain®️の精神がある人が取引先だということも大きな価値だと思います」

BNIのコアバリューであり、世界中のBNIメンバーの合言葉にもなっている「Givers Gain®️」という共通認識があればこそのエピソードだ。

『誉』を質・量ともに、名古屋で1番のチャプターへ

最後に今後の目標を伺った。

「あまりメンバーに伝えられていないのですが、私は誉チャプターがとても好きなので、ずっと関わっていきたいと思っています。少なくとも名古屋で一番メンバー数の多いチャプター、誰もが憧れる、メンバーの質が高いチャプターになるように関与していけたらと思っています」