草加せんべいとリファーラルマーケティング

2022/03/15

草加せんべいは元祖リファーラルマーケティングだった?!

そんなユニークなテーマでお話しくださったのは、ビジネスパーソンにリファーラルマーケティング研修を提供している株式会社Asentiv Japan(アセンティブジャパン)代表取締役の池田亜由美さん。
BNIディレクターコンサルタントとして7年活躍したあと、自らもチャプターメンバーとしてリファーラルマーケティングを実践中。
10年にわたる活動の中で、池田さんが気づいた「リファーラルマーケティングの本質」とは…。

 

池田亜由美さん(プロフィール)

1969年埼玉県生まれ。草加せんべいの老舗「いけだ屋」の長女として生まれる。BNIではディレクターコンサルタントとして活動。現在は株式会社Asentiv Japan(アセンティブジャパン)の代表取締役として、セミナーやコンサルティングを通じてのべ3000人以上をサポートしている。
趣味の書道と和装着付けは師範級。愛犬はチワワ。

仕事の紹介をコントロールするには…

「みなさん、リファーラルマーケティングを戦略的、計画的に取り入れていますか?」

この問いから始まった池田さんのお話。98%の人が「ビジネスの紹介がほしい」と望んでいるのに、それを戦略的、計画的に取り入れている人はわずか3%。

その理由について池田さんは「リファーラルマーケティングを学ぶところがないから。Asentiv(アセンティブ)は、世界で唯一リファーラルマーケティングを学べる組織であり、BNIはそれを実践する環境です」と話す。

池田さんがAsentiv(アセンティブ)の学びに初めて触れたのは2013年。家業を通じて何となく体感していた「紹介によるビジネスの発展」が数値化され、計測され、再現性のある理論に落とし込まれていることに気づき、衝撃を受けたと言う。

「BNI創設者のアイヴァン・マイズナー博士は、自分で紹介を生み出しコントロールできるものにしていました。ここにびっくりして、アメリカに何度も通って学びました」

池田さんは、「もし、仕事の紹介をたまたまもらっている状況なら、それは棚ぼたを待っている状態であり、マーケティングではありません。しかし、リファーラルマーケティングを学べば、仕事の紹介を予測可能なビジネスリファーラルとしてコントロールできるんです」と力強く話す。

池田さんはあるとき、チャプターに多くの貢献をしているメンバーから、こんな質問をされたことがあった。

「リファーラルも出しているし、ビジターも招待しているが、それほど紹介をもらえていない。なぜでしょうか」。

それを聞いた池田さんは、こう思ったそうだ。

「与えることに夢中になりすぎていて、受け取る活動をしていないメンバーもいるのではないでしょうか?与えることはもちろん重要ですが、受け取る活動をしていないと、棚ぼたを待つだけの自己犠牲で終わってしまいます。がむしゃらに取り組むのではなく、賢く取り組むことで時間の余裕をつくり、大切な人と過ごせるようにする。これがリファーラルマーケティングの行き着くところです」

ビジネス復活のカギは?

池田さんが生まれたのは、157年続く草加せんべいの老舗「いけだ屋」。現在は弟が5代目をつとめているが、この157年の間に、大政奉還、第二次世界大戦、東日本大震災、コロナ禍による売上9割減など、さまざまな試練を受けてきたと言う。

中でも最大の試練だったのは、第二次世界大戦中。たった一通の通達によって廃業が決定され、200軒あったすべての草加せんべい屋がなくなったそうです。ある日突然消えてしまった草加せんべい業界…。終戦後も、数年間せんべいを作れなかったと言う。

しかし、ここで立ち上がったのが池田さんの祖父。当時、原料である米の調達ができずにせんべいが作れない状況を受け、「共同で原料調達しよう」と同業者に呼びかけ、草加煎餅協同組合を立ち上げ、共同買い付けの仕組みを構築した。

さらに、生地屋、焼き屋、小売屋という分業体制を整え、それぞれの得意を活かして仕事を回すビジネススタイルを確立したそうだ。

池田さんは「これ、リファーラルマーケティングの醍醐味であるパワーチームの原型だと思いませんか?」と力説。これによって、草加せんべいと草加の街は復活したと言う。

なぜ復活できたかという理由については、WHYが大きく影響している。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら