2021/03/01

千葉京葉リージョン
高山英明さん

千葉県出身。明治大学卒業後家業の酒屋を継ぎ、飲食店を展開。BNI千葉セントラルリージョンのハーバーチャプターに入会し、8カ月間毎週ビジター招待をするなど多大な貢献を行なう。ディレクターとしてチャプターを立ち上げた後、現在は千葉京葉リージョンのエグゼクティブディレクターを目指して日々奔走している

オンラインだから毎日12人とミーティング

船橋市、習志野市、市川市、浦安市を中心とした「BNI千葉京葉リージョン」を立ち上げるべく、現在奔走しているエグゼクティブディレクター候補・高山英明さん。BNI千葉セントラルリージョン、ハーバーチャプターに所属し、ディレクターとしてチャプターを立ち上げた後、エグゼクティブディレクターに向けてチャレンジを始めました。現在はスタートして数週間が過ぎ、2つのチャプターを同時に立ち上げる準備を行ない、毎日12~13人との面談を行なっています。「オンラインでなかったらこれほどの人と面談はできませんでしたし、距離も関係ないですから、とても活動しやすいと思います」。コロナ状況下においてBNIはオンラインでのビジネス活動にすぐさま取り組み、時代もまたオンラインでの活動が当たり前になってきています。毎日12人との面談が可能になっているのはその証左でもあります。

勢いで家業を継ぎ、実業家へと

実は高山さんは就職をしたことがありません。剣道で大学推薦を受け、ゆくゆくは実業団で日本一を目指す、という将来の道を漠然と描いていましたが、大学4年のときに父親が他界。実家の酒屋を閉める、という母親の言葉を聞き、「店を継ぐ」と伝えたことで人生がガラリと変わっていきます。

当時は安売り店やコンビニが台頭してきた時代、飛び込み営業で顧客を獲得してきましたが、取引先が増えれば増えるほど資金繰りも大変になります。ある日取引先のスナックに飲みに行ったとき、酒を売る自分の利益と店の利益の差に愕然とします。「このままでは立ちいかない。自分も飲食店を出す」と決意し、店の脇にカクテルバーを構えます。さらに「自分がいなくても店が回る仕組みを」と、ダイニングバーを開店するや大ヒット。さらに店舗も拡大し、最大15店舗スタッフ150人を擁する実業家として成功を収めていきます。

BNI貢献の裏にあった真実とは

これまでの人生において、人と人をつなぐことを得意としてきた高山さんにとって、BNIは理想的な組織でした。ある日経営するラーメン店のスタッフ宛にミーティングの招待状が届いたとき、内容を知って魅力的に感じ、「自分が参加する」と出席、そのままメンバーになったのでした。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/02/24

40年間ビジネスの世界に身を置いてきた私は、Passion, People, Process. この3つのコンセプトが起業家の成功の秘訣であることを実感しています。

Passion

第一に、お客様に商品やサービスを提供することに情熱を持つこと。人生において、情熱なくして成し遂げられた素晴らしいことなど一つもありません。

1本のキャンドルを想像してください。あなた(とあなたのチーム)が、キャンドルの炎のように燃え上がり周りに良い影響を与えながら仕事をしているのか、蝋のようにエネルギーを消耗して仕事をしているのか?確認してみることです。

人が炎の中で仕事をするとき、彼らは燃えています。それは行動で示されますし、行っていることについて話す際にも示されます。蝋の中で働いていると、すべてのエネルギーが奪われ、それは行動や話し方にも表れています。

 

※「炎」と「蝋」

マイズナー博士は、経営者やビジネスパーソンは、自分の炎の中で仕事をしているか、あるいは蝋の中で仕事をしているかのどちらかだと述べます。炎の中にいるときには、わくわくして、エネルギーに、力に満ちあふれています。蝋の中にいるときは疲れ切ってしまっています。会社が成長するにつれて、蝋の中にはまってしまいがちです。

もし自分の会社に拡張性を持たせたければ、ビジネスの中で、自分が好きで集中できることを見いだす必要があります。一方で、社長であるあなたがやりたくないような蝋の中の仕事を、逆に自分の炎の中の仕事として楽しんでやってくれる人たちで固めることを勧めています。

 

少し前のことですが、ある人が会社の中で何かとても重要なことをするためのトレーニングを担当していて、それを10回くらいやったら飽きてきた、と話していました。

最初はそれが心配でした。なぜなら「トレーニング」というのはその人にとって、蝋の中の仕事に聞こえたからです。そのことを尋ねると、彼は「トレーニングは本当に楽しいが、同じことを何度もやっていると飽きてしまう気持ちを克服したい」と言いました。

私は彼に2つのことを話しました。

  1. 次に彼が研修を行うときは11回目かもしれないが、聴衆がそれを聞くのは初めてなのだと認識してください。 初めてこの内容を学んだ時の興奮を思い出してください。 その気持ちを持って、チームが、初めてこのコンテンツを学んだときの興奮を感じられるようにしてください。
  2. ストーリーテリングは、チームに新しい考えを理解してもらう上で重要な役割を果たします。 物語を「再演」するようにしましょう。 物語を再現することで、初めて体験した時や聞いた時と同じような興奮を味わうことができます。 そのような情熱こそが、あなたのビジネスに必要なのです。

 

私が再び彼に会ったのは、約1年後のことでした。 彼はもう何十回も研修を行っていました。 彼は、私のアドバイスでアプローチが完全に変わり、研修に参加した会社の人たちは、スーパーチャージされて出てくると話していました。彼が研修すると社員に電気が灯ることは、彼にとって大きな喜びとなっていました。

あなたが、提供するサービスに情熱を燃やすと、こうなるのです。

People

2つ目は「人」です。人は、世界の事実上すべての企業にとって最も貴重な資産です。人がビジネスのエンジンとなるのです。これは私にとって、少なくとも2つのことを示します。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/02/15

沖縄リージョン
Thanksチャプター
坂口順人さん
カテゴリー:お家の困ったを解決できる電気工事専門

坂口さんは千葉県柏市にて電気工事のビジネスを手掛けていますが、沖縄に旅行に行った際、強烈な印象を受けて「何とかして住めないだろうか」と画策します。ビジネスも順調だったことから「支店を沖縄に出そう」と決めるのですが、周りには行く人がいなかったそうです。ということで、沖縄支店に社長自ら赴き、沖縄と関東の2拠点生活が始まりました。

ちょうど同じようなタイミングでBNIに誘われており、さすがに東京でのミーティング参加は難しく、ビジター参加にとどまっていました。「BNIの仕組みは素晴らしいと思いましたし、沖縄にできたらいいのに、とは思っていました」。

タイミングとは面白いもので、沖縄での生活が始まった頃にBNI沖縄リージョンの立ち上げがスタート。坂口さんはそのメンバーとして沖縄でのBNI活動をスタートさせていきます。BNI沖縄リージョンが立ち上がって1年が過ぎ、沖縄でのBNIの認知度も徐々に上がってきています。リージョン全体として共通認識を持っているのは、入会してもらうために招待するのではなく、知ってもらうために招待する、ということ。「一度参加いただいたらBNIが魅力的に思えるチャプターミーティング作りをしています。また参加したい、という思いをいかに作れるかを常に考えながらミーティングを重ねていますよ」。

2020年よりチャプターのミーティングは対面式からzoomで行なうこととなりましたが、坂口さんにとってプラス面のほうが大きいようです。「打ち合わせまではオンラインで、商談成立の時点で会うことになりますから効率的になっています。違うリージョンの方とも交流をしやすくなり、関東の方ともつながって、関東に戻ったときに打ち合わせをしてビジネスにつながったこともあります。オンラインでなければできないことだったと思いますね」。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/02/10

毎年2月の第1週目、BNIでは「International Networking Week®」が開催されます。今年で14年目を迎えるこのイベントは、世界中のビジネスの発展と成功においてネットワーキング(人脈)が重要な役割を果たしていることを再認識し、お互いに感謝を伝え合うことを目的としています。

「International Networking Week®」は年々成長を続けており、世界中の企業やビジネスパーソンが参加しますが、実は、この取り組みを世界的に主導しているのがBNIなのです。

BNIでは自身のビジネスに寄与してくれた人脈に向けて「A Wolrd of Thanks」と称して、メンバーによる感謝の気持ちを動画にまとめたビデオコンテストを開催しました。

 

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/02/01

BNI千葉セントラルリージョン
ハーバーチャプター
関 雄作さん
カテゴリー:予防法務弁護士

正面からビジネス拡大を謳うから正直

小学生のとき海外ドラマに登場した弁護士という職業に憧れ、弁護士として一直線で進んできた関さん。弁護士として独立するにあたり、どこかの団体に所属することを考えていたときBNIと出会います。その説明会とはBNIハーバーチャプターの立ち上げ説明会だったのです。「説明していたディレクターの宮㟢勝己さんのスピーチが上手過ぎて、逆に怪しいと(笑)」。しかし、他の団体より認知度も規模も広がっていないこと、紹介者が同業者であったこと、「何よりも正面からビジネス拡大を謳っているから正直な組織だと感じていました」。

理解度を深めるのはトレーニング受講

1年目はトレーニングも年に4回しか受講しなかったのでBNIへの理解度も低く、メンバーは「部屋の中で売るな」のルールも知らず、売り込みも激しかったそうです。それでも更新を決めたのは、同じチャプターに素晴らしい人たちもいて、その人たちが困ると思ったからでした。その一人、渡邊宏之さんがプレジデントになったとき積極的なトレーニング参加をメンバーに対して訴えたのです。その情熱に突き動かされ、トレーニング受講を開始していきます。

2年目の第4期プレジデントに選ばれた際、月に1度のメンバー同士のミーティングにてトレーニング受講履歴をトラッキングすることにしました。また、月に1名のビジターを招待できなかったメンバーは、翌月トレーニングは2回受講など、トレーニングを月に1回受講する仕組みを構築していきます。そして「ビジターズデー」を開催すると40名の参加者から1カ月の間で8名が入会する結果に。入会者の一人である高山英明さんは1年間で100名ものビジターを招待したほどのネットワーカーで、他のメンバーもその行動に感化され19名だったチャプターは40名まで復活していきます。

チャプターだけではなく、リージョン全体のことを考える

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/01/27

BNIはこれまで対面式のビジネスミーティングを行なっていましたが、新型コロナウイルス感染防止のために全世界のチャプターは一斉にオンラインミーティングに切り替わりました。オンラインでもビジネスは成り立つ、ということは数字の上でも表われていますが、対面式を知るメンバーの中には寂しさを感じる人も少なくありません。「対面式に戻ってほしい……」と思っているメンバーもいる中、着実にメンバーを増やし、対面式よりもメンバーシップ更新率を上げているチャプターがあります。彼らはどのような考えの下で、どのように行動してきたのでしょうか。きっとそこには全国、いや全世界のチャプター必見の、学ぶべき姿勢が見えてきます。

メンタースーパーサポートチーム

BNI東京千代田リージョンのGrowthチャプター。本日現在103名というビッグチャプターで、2020年は更新率も前年と比べて約20%上昇するという、オンラインでも活発に運営されているチャプターです。20期(2020年4月~9月)・21期(2020年10月~)と連続してプレジデントを務める廣田晴美さんは、これまでを見てきて感じてきたことがありました。「Growthチャプターは、いわば『栓の抜けたお風呂』のようで、メンバーの入れ替わりがとても激しいチャプターでした。メンバーから相談を受けていてもフォローしきれなかったのも事実です。もっとメンバーを大切にしたいと思い、プレジデントのときにフォローアップの組織を作ろう、と」。

そして声を掛けたのが、ベテランメンバーの石川万汰郎さんでした。石川さんは新メンバーと数多く1to1を行なっており、メンバーを気遣う姿勢も非常に高かったのです。そして石川さんはその組織作りを始めます。「メンバー一人ひとり違いますから、フォローの態勢も違います。だから全メンバーに対して寄り添えるプロフェッショナルを揃えました」。そうやって生まれたのが、全世界、どこにもないチーム「メンタースーパーサポートチーム」です。更新を悩んでいるメンバーに対し、“心で寄り添う”ことをモットーにフォローしてきました。

BNIは入会すれば売り上げが上がる、と思っている人が一定数います。それは、メンバー数が多いチャプターであればなおさら錯覚をしてしまいがちです。しかしBNIはそうではありません。今は儲かっていなくても頑張ろうという態度、つまり普段の役割に対する姿勢やリファーラルの出方など、目に見える行動を示す人たちに、「メンタースーパーサポートチーム」は手を差し伸べるそうです。さらにメンバーの持っているスキルに気付いてもらうために、「エッジを立てる会」というミーティングも開催し、メンバーとじっくり話し合って良い部分に気付かせるサポートも行なっています。いわゆるメンバーに“共感”すること。誰もが不安な思いを抱えている中で、思いに共感することほど今の時代に必要なことはありません。廣田さんは言います。「仲間を大切にする、人の温かみを大切にする。共感して寄り添う、心から支えるチャプターを目指したいと思いました」。それがしっかりと数字として表われているからこそ、その言葉には重みが増します。

可視化から見える課題

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/01/21

「BNIに入ってから得た価値~夢を発見、そして実現へ~」

大阪北西リージョン
Marvellousチャプター
泉 基幸さん
カテゴリー:空調整備

父親の空調設備の会社を受け継ぎ、31歳で社長に就任した泉基幸さん。BNIに入会した際は空調設備というカテゴリーだったそうです。ともすれば、その業界の仕事が全部できるとなると広くリファーラル(紹介)をもらいやすい、と考えてしまいがちです。しかしBNIではその考えは真逆です。リファーラルを提供してくれるメンバーは、その業界には疎い方たちばかり。カテゴリーがわかりやすければわかりやすいほど、リファーラル先をイメージしやすくなり、結果リファーラルが提供されるのです。泉さんもその考えに至り、どんな尖ったカテゴリーにするかを思い悩んでいたのです。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/01/18

「きめれば全てうまくいく」

京都セントラルリージョン
ブレイクスルーチャプター
伴 大樹さん
カテゴリー:整骨院

 

アームレスリングというスポーツは、勝敗は本当に一瞬のこと。迷いは負けにつながることから、いつも早い決断を行なっています。人生においてもそうで、一瞬の連続と捉え、その一瞬での決断を大事にしています。全日本チャンピオンの称号を持つ伴大樹さんは、BNIミーティングに見学に来るまで6年間断り続けたそうです。整体の仕事をしていましたが、ビジネス拡大をあまり意識しておらず、既定路線を継続したことにより、整骨院存続の危機に直面していきます。6年間断られても誘い続けたメンバーの執念もあり、とうとうビジター参加を決意します。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/01/12

「ギバーズゲインの7つの原則」は、「無限に与える」という素晴らしい概念を理解し、実践するための手引きです。これは同時に人生における調和を維持するためのチェック項目としても役立ちます。

1) 信頼関係の深さを見極めましょう

2) 期待せずに与えましょう

3) 期待以上のものを与えましょう

4) あなたが手に入るものを与えましょう

5) 与えられることも良いことです

6) 謙虚でいましょう

7) 感謝の気持ちを示しましょう

無限に与える人生を生きる

ギバーズゲインを信条とする人々は、「まず最初に与える」ことで、人生をより良く生きることができると知っています。私たちは、「ギバーズゲインの7つの原則」を理念化し、明文化しました。この本は、ギバーズゲインを実践し、その可能性を最大限に活用したいと願う人々を支援するために作られています。この原則は著者の経験を結集し、さらに、その思想に基づいて、多くの人々が数十年にわたりこの概念を実践した結果を踏まえて構築されたものです。

ギバーズゲインは、個人的にも集団でも団結させることのできる、シンプルでエレガントなフレーズです。そのシンプルさは、人生における多くの偉大な理念と同様に力を持っています。

しかし、非常にシンプルであるが故に、それを聞いた人が見当違いな解釈をしてしまうこともあります。的確な説明が無い状態では、シンプルさが消え、誤解が生じることになります。そうなると、理念の価値と力は、個人でも集団でも減少してしまいます。

「ギバーズゲインの7つの原則」は、ギバーズゲインという理念のポジティブな効果が最大化するように設計されています。7つの原則を意識してギバーズゲインを実践することで、私たち全員が自分たちの行動に責任を持つことができます。一度基準を設定すると、私たちはより広いコミュニティに向かって、これまで以上に大きな輪を広げていくことができるようになります。このように、ギバーズゲインを通して世界に大きな影響を与えるだけでなく、7つの原則という新しい要素を加えることで、「BNI初心者」を卒業し、仕組みと目的をもって世界の人々の輪に入っていくことができるようになります。そのために重要なのがギバーズゲイン・コミュニティという考え方です。

ギバーズゲイン・コミュニティ

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2020/12/28

BNI北九州東リージョン クラーベチャプター
カテゴリー:電気工事
上田 和明さん

1978年福岡県北九州市生まれ。福岡県立戸畑工業高等学校卒業後、中学時代からアルバイトをしていた電気工事の仕事に就く。26歳で独立し「株式会社上田電設」を起業。2017年にBNI北九州東リージョンのクラーベチャプターに入会。その半年後には第8期プレジデントに就任。現在はディレクターコンサルタントとして、迅風チャプター担当ディレクターを務める。

ノルマではなく貢献という意識

上田さんは2017年4月に入会、10月にはプレジデントを務め、その年の12月にメンバートラフィックライト100点となって以来、現在も100点を継続中という素晴らしい貢献を続けています。この取り組みの背景には入会以来のコミットメントがあります。

「月に2名のビジターを招待する」

入会3年半でビジター招待数は120名を数え、直近でも今年の1~2月には6名招待のうち3名が入会するなど、精力的に招待を呼び掛けています。

昨年のグローバルコンベンションでも各国のメンバーがマイズナー博士に質問をしていたように、BNI活動においてビジターを招待できないという悩みは、世界共通でもあります。招待しても断られるのではないか、という心理的な抵抗感もあるでしょう。しかし招待を事もなげに達成し続ける上田さん。それが可能になるのはビジター招待に対する意識の違いとも言えるでしょう。「BNIの仕組みが、その方の役に立つと思ってお声掛けしているので、断られても気になりません。BNIの仕組みが本当に良いと思っているので、周囲の人にも活用してもらいたいという強い気持ちを持つことです」

ボランティア精神が信頼を生む

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら