ウェルビーイング無しでは企業存続は無い!

2021/10/26

社員の健康に配慮することは、人事管理の課題だけでなく、経営課題であるという考えが近年常識となっています。

社員の健康管理を経営的な視点で考えることが「健康経営」であり、戦略的に社員の健康増進・生産性向上につながる施策を実践することで、組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や企業価値向上につながると期待されます。

今回は株式会社日本健康経営 代表取締役 松本大成さんと、BNIジャパンの大野真徳ナショナルディレクターとのオンライン対談を行い、「ウェルビーイング(well-being)」についてお話ししました。

 

大野代表(以下大):松本さんは実年齢59歳で、体組成計で計ると体内年齢が39歳。非常に差があるのですが、日ごろから心がけていることはありますか?

松本さん(以下松):満腹感が嫌いで、いつも7分目で食事を終えているのが一ついいところです。やはり飽食は健康を害してるとはいいますね。

大:やっぱり今の時代は食べ過ぎてるんですよね。

松:また、1年に1回は1週間のファスティングも行なっていますが、そのときは脳までデトックスされる感じなんです。

大:何年も前にやったことがありましたけど、最近言われている16時間のファスティングを週に何日かをやってみるだけでも調子がいいですね。

松:身体が軽くなって頭がすっきりするはずです。これはオートファジーという身体の機能ですね。あと、スマートパルスという機械を使い、血管の詰まり具合とストレスの状態を図っていることで健康意識が持続されます。体重計に乗るような感覚で計れるのですが、お酒飲むと翌日血管が悪くなるのが一目瞭然です。

大:確かに最近は飲む機会が少なくなりましたね。これを機に辞めてしまうのもいいかな、と思うほどです。少量はいいとは言ってましたけど、辞められるなら辞めたほうがいいのかもしれませんね。

 

松:保険代理店を経営していましたが、働く人の体と心が健康でないと会社は持続しないと気づき、「健康経営」をスタートさせました。高度経済成長期において人口が増えていた時代は辞めても誰か入れればいい、という価値観でしたが、人口が減ってくる時代は、経営は真逆のことをしなければいけないのです。今働いてもらっている従業員をいかに健康でいてもらい、生産性を高く働いてもらえるか、ということです。

ある運送会社の社長が「定年が70歳まで伸びても、健康な人しか延長しない」とおっしゃるんです。つまり30代から健康な状態を作らないと雇用を延長してもらえないということです。年金だけでは足りません。健康は将来大事なんですね。

大:これは聞いた話なのですが、ある企業がリストラをしたとき、人員削減をどの線で引くかというときに、これまでの病欠の日数で線引きをしたそうなんです。まさに健康でないと環境を保てないのは一般的にも言えそうですね。

 

松:大手企業の経営者は健康経営への意識が出てきています。中小企業はまだそこまでの意識が出ていなのが実情です。

大:ブラック企業という言葉が聞かれなくなってきましたが、どんどん健康経営を進めていける流れが必要ですね。

松:その通りで、中小企業ほど健康経営が必要なんです。少人数だと一人抜けたら仕事が回らなくなるということはありますから。

大:経営者に対して、健康経営にどのようなメリットがあるかを伝えていかなければいけないですね。

松:つまり、身体的・精神的に良好な状態である「ウェルビーイング」なしでは企業は存続しない、ということなのです。かつて小学生の人数が減ったことが、今の企業の人不足につながっているのです。今や人が会社を選ぶ時代です。ブラック企業を示す「ブラックアラート」アプリまで登場し、掲載されたら人は応募しません。企業のホワイト化は必須なのです。

大:「うちはホワイトです」と伝える方法などはあるのですか?

松:経済産業省が2017年よりスタートした健康経営優良法人認定制度で認定されることで、それが一つのホワイト企業の証にもなりますね。企業によっては縦割りで職場認証制度もありますし、それらを参考に取り組み始めることもいいかもしれません。

大:認証を取れば終わりではないでしょうけど、取得するのは形として見えるのでいいかもしれないですね。

松:今の認定制度はある意味マイナスをゼロに持っていくことが多いですね。既にプラスの人をさらにプラスに生産性を高めることが本当の健康経営になるのではないでしょうか。

 

大:例えば社員が健康診断で引っ掛かったときに会社はどうサポートできるかアドバイスはありますか?

松:健康は内発的に、自ら気を付けることをしないと難しくて、会社からのやらされ感ではやったふりをしてすり抜けることもあります。ですから外部からのサポートをする環境作りがいいかと思います。健康経営はトップダウンが実は最適です。社長が健康経営を宣言し、取り組みは自分たちから出してもらう環境作りがいいと思います。スタートはトップダウンですが、やっていることはボトムアップという形ですね。

大:社内での委員会を作るのも一つの手段でもありますね。

松:当社では健康経営カードゲームというのがあり、どういう取り組みがいいかを楽しみながら考え、会社に提案するという流れです。社員の提案だから社員も内発的に取り組んでいきます。

 

大:健康経営に関わる人たちですと主体的に動きますが、関わらない人との温度差は出てきませんか?

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら