2021/12/24

令和3年12月フィリピンを直撃した台風22号による災害で400人近くの死者、強風や洪水で3800棟余りの住宅が倒壊し、10万人近くが避難生活を余儀なくされています。また現地では停電による飲料水不足、通信が不通となっている地域もあり混乱が広がっています。

この度の災害において、JBNインターナショナルは、100万円を上限としたマッチングギフトを実施します。
全国のメンバー、ディレクターからの義援金合計額と同額を寄付することで、BNIジャパンのコミュニティメンバーの志を尊重し、また、一日も早い復旧・復興に向け支援させていただく所存です。

被害に遭われたフィリピンの皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

BNI財団ジャパンでは、今回の災害による被災者及び被災地の復興支援のため、義援金の受け付けを開始しました。

BNIジャパンにおいても広く義援金を募り、支援の輪を広げたいと考えております。
皆様よりお預かりした義援金は、BNIフィリピンへ全額寄付させていただきます。お一人でも多くの方のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

【受付期間】
令和3年12月24日(金)から令和4年1月末まで

2021/12/21

今回は先日開催されたグローバルコンベンション2021の中から、スタンフェルプス氏の講演について、大野真徳代表と各地区のエグゼクティブディレクターによる対談をお送りする。

(O)大野真徳 BNIジャパン代表

(H)法貴礼子 BNI静岡駿河西代表

(T)高須英治 BNI大阪高槻東代表

(M)宮嵜勝己 BNI千葉セントラル代表

顧客体験がビジネスの差別化を生む

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/12/14

すべてゼロからのスタート

2021年、BNIが北海道に上陸した。BNI札幌セントラルリージョン・道産子ismが10月15日に記念すべき第1回ミーティングを開始したのだ。

北海道は海を隔てた大地、BNIの存在さえもゼロベースからのスタート。担当ディレクターで税理士の中川雄介さんもBNIの経験ゼロ。何も知らない世界でどうやって立ち上がったのか。

まず、BNIの存在を知ったのは保険会社に勤めている佐々木里さん。同じ会社で本州にいる同僚からBNIのことを耳にする。どういうものかを知るために大阪に飛び、大野ナショナルディレクターに出会うこととなった。フランチャイズ形式であること、そこには可能性しかないと感じたこと。即決だった。ただ、佐々木さんの会社は副業禁止であるために、フランチャイズオーナーとして相談をしたのが中川さんだった。

腑に落ちたBNIのシステム

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら

2021/12/07

人脈を広げるためには、人を助け、関係を築き、何らかの形で人脈をサポートする方法を学ぶことが必要です。しかし、時には頼まれたことに「No」と言うことも必要です。

 

例えば誰かのチャンスが自分にとって邪魔になっていることがあります。つまり誰かのビジネスプロジェクトが、あなたのビジネスやミッションにそぐわない場合です。このような状況では「No」と言う必要があります。 「No」という言葉は、実際には一語文になります。 私はあまり使いたくない言葉ですが、世の中には私のような人が結構いるのではないでしょうか。

 

誤解しないでいただきたいのですが、必要なときに「No」と言うのは悪いことではありません。 問題は、どうすれば「気にかけていない」と思われないように「No」と言えるかです。

 

ここでは、「No」と言っても、嫌味な感じに思われないための7つの方法をご紹介します。

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら