助け合う精神でコロナ禍でも過去最高売り上げに

2021/04/08

BNI東京新宿・東京渋谷リージョン
サンシャインチャプター
菅 在根さん
カテゴリー:飲食サービス(
肉料理)

1979年東京都生まれ。高校を卒業後アルバイト先の人材派遣会社で派遣社員として働いたのち、その会社で正社員となって人材派遣業を学ぶ。26歳で独立して「株式会社ファクト」を設立。人材派遣業も営む傍ら、焼き肉店『李苑』をオープン。2013年にBNIサンシャインチャプターに入会。

実家の焼き肉店を再興したいという願い

昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、飲食店によるテイクアウト事業は今や当たり前のビジネススタイルとなりました。いち早くテイクアウト事業に取り組んだのが、BNIサンシャインチャプターの菅在根さんです。2020年の自粛期間中に通販とテイクアウト事業をすぐに始めたところ、過去最高の売り上げとなりました。

菅さんは高校時代からバンド活動を始め、卒業後もメジャーデビューを目指していましたが、ハードコア系というメジャーになりにくいジャンルだったため、22歳で脱退することを決意。実は、菅さんには秘かな夢がありました。それは、高校生の頃まで実家が営んでいた焼き肉店を再興すること。その夢のためにはお金を貯めることが必須でした。バンド活動時代にバイトをしていた人材派遣会社で24歳のときに正社員として雇用してもらい、順調に働いていたのですが、26歳のときにその会社が本社とたもとを分かち、分社化をします。このタイミングを見計らい、これまでの営業先を受け持ちつつ、分社化した会社を外部からサポートする形で独立を果たします。独立をしたのも、焼き肉店の再興という夢を持ち続けていたから。「サラリーマンではやりたいことができません」。そして5年後、とうとう再興への道筋が見えてきたのです。

しかし、2011年に起きたのは東日本大震災。世界が沈痛な面持ちになり、一旦休止しますがいつでも始められるよう準備は進めていました。その1年後、32歳のときに実家の味を受け継いだ焼き肉店『李苑』が開店します。母からノウハウを聞き、昔の味が復活したのです。

マーケティングと集客をBNIで学ぶ

続きを読むにはログインしてください。

新規読者登録はこちら